ビスを打ち込んでも抜けるのはなぜ?

ビスをねじ込んでも抜けてしまうのはなぜなのでしょうか?

それは石膏ボードはネジが効かないからです。

テレビコマーシャルで覚えている方もいると思いますが、タイガーボードの吉野石膏というコマーシャル。

耐火ボードど呼ばれていて火に強いボードで、火災になった時に延焼を最小限にする為の建材です。

建築基準法にも界壁まで耐火ボードを張らなくてはならないとあります。

ついこの間レオパレス21で全国の大家さんから苦情の嵐になったあの件で覚えている方もいるかと思いますが。

これは火災になった時隣の部屋に火が回らないように耐火ボードを天井を突き抜け屋根まで壁にするものです。

話が逸れましたが、この石膏ボードは粉を固めて厚紙で挟んだ板と言えば良いでしょうか。

力を抜きながらネジをねじ込むと上手く入ります。

しかし力強く引っ張るとあっさり抜けてしまいます。

粉を固めたものですから当たり前と言えば当たり前ですよね。

手摺りを石膏ボードに固定するのはもっての他で簡単に抜けてしまうので転倒して怪我をしてしまいます。

そこで力が掛かっても大丈夫にするには石膏ボードの代わりに合板にしなければなりません。

今回はタオル掛けやトイレットペーパーホルダーの為に壁の補強をします。

勿論、間柱にビスで留めています。

この上にクロスを貼ると石膏ボードも合板も分からなくなりますので合板の位置を覚えておいてタオル掛けを留めます。

最近はペーパーホルダーも2連式になると立ち上がる際上から力を掛けても大丈夫なような物が出てきていますがこれを取り付ける時は上の画像のように補強が必要になります。

他にもテレビを壁に掛けたいなどの要望がある時はリフォームなど壁紙を貼り替える前にご相談ください。

ネジを入れても簡単に抜けるようだと石膏ボードなので気をつけて下さい。

特に地震の時の家具転倒防止の為には壁補強を行なって下さい。

石膏ボードで転倒防止のビスを入れると命の危険にさらされますので、絶対にしないでください。

床上浸水

やはり、今回の台風19号で床上浸水をした方がいたようです。

いずれも、直接ではありませんが、一軒は電気屋さんから連絡がありました。

二子玉川からほど近い川崎市内のお宅です。

もう一軒はお客様の知り合いだそうで、こちらは狛江市です。

千葉県の台風15号の被害に遭われた所は未だに屋根の修復がままならないようですが、どうしても今の世の中、職人がいなくて、順番がなかなか回ってこない状況なのです。

建設業界では昔からやっていた職人さんはあの2011年の震災前後で辞めてしまっています。

理由は高齢の為。

仕事をしようにも体がついていかないのでは仕方がないこと。

そしてこの業界は若い担い手がいないのが現実。

働き盛りの職人も徐々に高齢化しています。

技術を受け継ぐ事が出来ない世の中なのです。

そんな状況下、台風で甚大な被害があっても出来る職人が順番で回るしか手がないのです。

床上浸水した方々も大変心苦しいのですが順番で伺います。

雨漏り

台風19号が迫る中、マンションの大家さんから電話があり、一室が雨漏りしていると。

行ってみると窓枠の上から水がポタポタ。

バケツで受けていました。

ベランダに出て外壁を確認したところひさしの上の丁度窓枠の上辺りに数カ所クラックがあります。

既に雨は強なっていて、外壁は濡れているので手の施しようがないのです。

防水テープも貼り付かず、どうしようか考えましたが、徐々に雨も強くなってきているので、タオルで水分を拭き取ってすぐに変性シリコンで埋めることにしました。

本当は晴れてからが基本なのですが、雨漏りがひどくなっているので悠長なことは言っていられません。

少しでも雨漏りが少なくなるようにと思い、コーキングを施しました。

その後直ぐに現場を去りましたが少しでも小さくなっていることを祈ります。

改めてコーキングを行うつもりです。

現場の駐車場について

私達はお客様のお宅に行って工事を行います。

つまりお客様の敷地内に駐車できる場合は良いのですが、ない場合は近くのコインパーキングに駐車します。

気がついたのですが微妙に値上げになっていたのです。

これはタイムズの駐車場の料金を表示しているのですが、9月までは20分100円だったのが110円に上がっていました。

都心部のコインパーキングは「本当?」と言う位高い所があります。

20分400円。

つまり1時間で1200円。

しかしさらに高い所はあるもので…

つまり1時間で2000円です。先程の24時間1540円が可愛らしく見える…

でもここは頭打ち料金があるので、良心的ですが、打ち止めの無い所もかなりあります。

打ち止めのない駐車場で仮に9時間止めると18,000円!?

今日は愚痴っぽい話しになりごめんなさい。

ただ、駐車場が近くにないと言うのは本当に工事が出来るか否かの問題になってきますので、是非とも駐車場は確保をお願いします。

確保出来なくとも近くのコインパーキング情報を頂けると安心して工事ができますので。

水漏れ跡

上の階からの水漏れがあると壁紙など貼替をしなければなりません。

また電気関係にも影響があります。

電線に不純物の混ざった水がかかるとショートしてしまいます。

ビニールで覆われている所は問題ないのですが、電線が露出している所に水がかかるとショートしてしまいますし、電子機器などは破損してしまいます。

今回は内装と火災報知器の交換です。

茶色に変色しています。

既に水分はなく乾いていますが、やはり気持ちは良くないですよね。

そこで貼替と火災報知器の交換。

火災報知器は防災設備屋さんが交換します。

なぜかと言えば電池式の物ではなく集中管理式なので、専門業者でないと交換は出来ません。

クロスは貼替た後、火災報知器を交換しました。

間仕切りの合板にもクロスを貼って仕上げました。

見えない所ですがやはりキレイになると気持ち良いですよね。

天井と壁はクロスを貼替まして、床の部分は室内のタイルカーペットの色に合わせたCFで仕上げました。

気持ちよく使って頂けると嬉しいです。

家の中を歩くとベトベトする

自宅の中を歩くとベタベタしている所とそれ程でもない所がある。

特にキッチンとリビングがベタベタする事が多いかと思います。

キッチンで炒め物や揚げ物をした時の油が微粒子になって壁や床に付着します。

お料理をダイニングに運ぶ時に油をダイニングまでスリッパの裏にくっつけて運んでいます。

毎日の事ですが、微量なのであまり気が付かず、ましてやお掃除をしているので一旦は綺麗になります。

しかし綺麗にしているもののさらに微量な油はそのまま残ります。

これが繰り返されて油があちこちに付着してしまい、結果ベタベタしてしまいます。

一般的なハウスクリーニングの洗浄液であればある程度綺麗になりますが、10年位経つのであれば剥離をした方が良いと思います。

上の画像では古いワックスが浮いている所は白くなっています。

キッチンで飛び跳ねた油が長年積み重なっている所は普通の中性洗剤では落としきれません。

これと同じように足の裏の汗や皮脂、台所から持ち出す足の裏の油汚れがあちこちに付着するので汚れが広がります。

ハウスクリーニングの職人はポリッシャーと言う機械で洗浄します。

人間の手で擦るより何倍、何十倍の効果がありますし、時間も短縮することにより、フローリングに染み込まないよう考慮して作業します。

普通はアルカリ性の洗剤を使いますが、ワックスを除去(剥離)する時は専用の剥離剤を使います。

ワックス内に染み込んだ汚れもワックスの上に乗っている油汚れなどもスッキリと除去してしまいます。

それを水を吸引出来る掃除機で素早く吸い込みますので、フローリングに与えるダメージ(※)を最小限にします。

綺麗になったらワックスを掛けてフローリングに直接汚れがつかないようにします。

汚れが落ちると嘘のようにツルツルになり油で引っかかっていた足の裏の感触は全くなくなります。

是非ハウスクリーニングで実感してみてください。

気持ち良いですよ。

※フローリングは木製品なので表面は加工していても水は染み込みます。しかしこの染み込む量を最低限に抑えますのでほぼダメージはありませんのでご安心を。

家で咳が出る…エアコンのせい?

仕事場や外では咳が出ないのに、家に帰ると咳が出る。

その原因はエアコンにあるかも…

エアコンをONにするとカビ臭い臭いがする。

良くあることです。

カビは人間が住み良いと思う環境を好みますから当然と言えば当然のことです。

エアコンは室内の空気を吸い込み、結露させて水分を外に排出しますのでエアコンの中は結露した水があります。

ここにカビが好む環境があるのです。

エアコンクリーニングをした方が良いですね。

もしも、家の中にいると咳が出るけど外出すると咳が出ない、などの症状があればエアコンのカビを疑った方が良いかもしれません。

体質的に問題ない、と言う人でもたまにはなさった方が良いと思います。

特に自宅に帰ると咳が出始める場合は市販のエアコンスプレーでは余計にカビが繁殖する場合があります。

綺麗になったようでも、ドレンパンの中に汚れが留まったままになっているため熱交換器のヒダは綺麗になってもカビは流れていっていないことが多いからです。

余談ですが、室内で窓や窓枠、壁などにカビが生えている場合はハウスクリーニングをした上でエアコンクリーニングをしないとエアコンだけ綺麗にしても室内のカビをエアコンが吸い込むのであまり効果はありません。

帰宅すると咳が出ると言う場合、エアコンの他にもカビが繁殖している可能性が多いので、全体をハウスクリーニングする必要があるかもしれません。

その前にまずは出来るところからお掃除をしてみて、時間をかけて全体をお掃除してみて下さい。

咳が止まれば原因は室内のカビだったのかもしれません。

ちなみにお掃除の方法は

(1)お風呂でカビで黒くなっているところをカビキラーなどでスプレーします。10分位放置してシャワーで洗い流してください(こと時は水で大丈夫です)。

(2)洗面や洗濯機の付近もカビがある所。今度はカビキラーではなくアルカリ洗剤(マジックリンなど)で綺麗にします。

(3)窓の周りの枠や窓本体、そしてガラスに黒いものが付着していたらそれはカビですので、(2)と同じようにきれいします。

(4)ついでに床もマジックリンなら少し希釈した溶液を使って雑巾で拭きあげます。

これでしばらく咳が出ないか様子をみます。

まだ咳がでるようでしたら

(5)エアコンの内部洗浄をプロに依頼しましょう。市販品のエアコンスプレーを吹き掛けただけではカビは除去できませんので、必ずプロに依頼しましょう。

それでもダメな時は医者で診てもらうようにしましょう。

カビはあなたの体に知らず知らずのうちにダメージを与えます。

リモコンの電池の液漏れ

エアコンのリモコンでONができない。

液晶に反応がない。

エアコン本体にも反応がない。

確認してみたら電池のマイナス部分が変色して少し黄ばんだ液体なのか固形なのかが表面に出ている。

電池を外すと電極と接するバネが変色しているので、新しい電池に入れ替えても通電しなくなる。

Panasonicはリモコンに型番が記されている。

こう言うことを想定してなのか、リモコンだけの需要があるからだと思うがこれは有り難い。

上記のようにわざわざ品番と刻印があり、その隣には品番が記されている。

これで買い替えも簡単にできる。

化学薬品の処分

廃棄処分についての話が続いてしまっていますが、今日も続けます。

廃棄処分をしなければならない。

液体は持って行ってくれない。

洗剤は流せるので、問題ない。

ところが…

裏の物置から出てきた物は、ベンジンのようなガソリンのような、なんとも知れない液体。

臭いがキツく揮発性の高い、シンナーよりもキツく、やはりガソリンのようでもあり、でもガソリンとは違う臭い。

しかもレジ袋で何重にもなっていて中身が見えない。

でもその液体をこぼしたら絶対臭いが残り近所迷惑になってしまう。

ただ、廃棄処分するものの中に蓋のついたバケツがあったので、その中で確認した。

クレオソートと記載があり、第三石油類とある。

これはその辺に廃棄できない。

ネットで廃油が出来るところを探し連絡したところ、少し時間を下さい、調べますから、と。

後ほど連絡があり、まず契約書を作成しなければならないので、会社名など詳細を教えて下さい、と言われて必要な項目をFAXしました。

3日経過しても連絡がないので再度電話したところ

「そのクレオソートは現在発売禁止になっているので、それを引き取ってくれる会社に確認を取ってもらっているのであと2、3日お待ちください」と言われ、現在待機中になっています。

昔買ったもので現在発売禁止になっているものとすると害があるからだと推測してしまうのです。

廃棄処分できるのかできないのか、少し心配です。

古くなった消火器の処分

産業廃棄物処理業者も何から何まで廃棄してくれるわけではありません。

その一つに消火器があります。

では消火器はどうやって廃棄処分するのでしょうか。

廃棄処分業者に断られたのでネットで探しました。

私の住む川崎市では防災設備業者に持ち込むようにとの指示がありました。

弊社のそばにも防災設備業者がいますが、そこには持ち込みませんでした。

何度かお客様を紹介しているのですが、対応がおざなりなので、別のところにしました。

事前に電話をして処分してくれるかを確認して今朝持ち込みました。

ミツハマ防災設備さんです。

非常に良い対応でしたので、今後は紹介する場合もこちらにしようと思いました。

消火器は古くなると暴発することもあるようです。東京消防庁政府も危険を呼びかけています。

確かにサビが出ている消火器を見ることもあります。破裂しないかと心配になったこともあります。

早めに処分をしましょう。